ATMの無い病院で私はクレジットカードに助けられた

あれは私が、旅先で急な腹痛を起こして救急車を呼び、病院に緊急入院した時のことです。

 

その時は、初めての一人旅を楽しんでいた私。
普段であれば誰かと一緒に旅行する私なのですが、そんなときに限って腹痛で病院に運ばれるなんて、本当に最悪でした。。。

 

診断結果が出て、1週間ほどの入院で大丈夫と分かり一安心しましたが、急な入院だけにお財布の中には、千円札が数枚しか入っていません。

 

他に入っているものと言えば、旅先のレシートと「クレジットカード」のみ。
早期治療のおかげでお腹の痛みも楽になり、今度は入院費の支払いが心配になった私は、看護師さんに院内にあるATMの場所を尋ねたのです。

 

すると看護師さんが答えてくれた言葉は、「申し訳ないのですが、当院にはATMが無くて」といったもの。。。
病院から出て、車で5分ほど行ったところにコンビニがあり、そこにATMがあるとは教えてもらいましたが、まだ病み上がりの私には出かけて行ってお金をおろしてくるのは大変です。

 

その時私が思い出したのは、友人が言っていた話。
「最近は、病院支払がクレジットカードでも出来るらしいよ」という言葉でした。

 

再度、ATMのことで訪ねた看護師さんに質問をしてみました。
すると今度は嬉しい言葉が返って来たのです。

 

その答えは、クレジットカードでの支払いが可能だということ。
この言葉に安心した私は、その後の数日間をリラックスして過ごすことが出来たという訳です。

 

最近は病院の支払いをクレジットカードでも行える病院が増えているようですね。
1枚でも持っていると、急なことに対応できて、安心した生活がおくれるかもしれません。

 

それにクレジットカードで支払えばポイントも付きますし、一石二鳥というやつです(笑)